山下 晃弘 研究員、妻木 範行 教授(京都大学CiRA増殖分化機構研究部門)らの研究グループは、松田 秀一 教授(京都大学 大学院医学研究科)らのグループと共同でヒトiPS細胞から、軟骨細胞を誘導し、さらに硝子軟骨の組織を作製し、マウス、ラット、ミニブタへの移植によりその安全性と品質についての確認を行いました。

プレスリリースはこちら