近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)高度先端総合医療センター再生医療部(教授・福田 寛二)、シンフォニアテクノロジー株式会社(東京都港区)および三重大学大学院医学系研究科(三重県津市)らの研究グループは、iPS細胞(induced pluripotent stem cells:人工多能性幹細胞)の品質を維持するための装置(自動光学式細胞除去装置)の開発に世界で初めて成功しました。

プレスリリースはこちら