九州大学大学院医学研究院消化器・総合外科学分野の前原喜彦教授、カリフォルニア大学サンディエゴ校の谷口浩二研究員(九州大学大学院医学研究院消化器・総合外科教室員)、マイケル・カリン教授らの研究グループは、炎症と腸の再生をつなぐ新しいシグナル(gp130-Src/Yes-YAP シグナル)を発見しました。このシグナルは再生医療や癌治療の新しい標的になる可能性があります。本研究成果は、2015年2月25日(水)午後6時(英国時間)に、英科学誌『Nature』の電子版に掲載されました。

プレスリリースはこちら