ゲノム編集は,外来遺伝子を含まない,自然に起こる変異に近い遺伝子改変を高効率で可能にし,農業分野などを変革すると見られています。しかし,“痕跡がないように見える”遺伝子改変であるため,遺伝子組換え生物(GMO)の現行規制上に不明瞭な境界領域を生み,問題も生じています。

プレスリリースはこちら