血液凝固検査は、かつては血友病などの「出血性疾患」を調べるための出血傾向の検査が中心でした。

プレスリリースはこちら