原田浩 医学部附属病院特定准教授、平岡真寛 同教授、後藤容子 医学研究科大学院生を中心とする研究グループは、UCHL1-HIF-1という遺伝子経路が、がんの転移を担っており、同経路の遮断によって転移を激的に抑制できることを発見し、新たな診断・治療法の確立に向けた道を拓きました。

プレスリリースはこちら