アステラス製薬株式会社は、米国メディベーション社と共同で開発・商業化を進めているアンドロゲン受容体阻害剤エンザルタミド(一般名、製品名:XTANDI/イクスタンジ、開発コード:MDV3100)について、第II相TERRAIN試験の結果が得られましたのでお知らせします。TERRAIN試験では、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象としてエンザルタミドとビカルタミドを比較しました。主要評価項目である無増悪生存期間において、エンザルタミド群ではビカルタミド群と比較して統計学的に有意な延長が認められました(ハザード比=0.44;95%信頼区間、0.34-0.57;p<0.0001)。無増悪生存期間の中央値は、ビカルタミド群の5.8か月に対し、エンザルタミド群では15.7か月でした。

プレスリリースはこちら