九州大学大学院農学研究院の伊東信教授、生物資源環境科学府博士後期課程3年の渡辺昂らの研究グループは、エルゴステリルグルコシド分解酵素(EGCrP2)を発見し、深在性真菌のエルゴステリルグルコシド代謝機構を初めて解明しました。EGCrP2を働けなくした真菌では、エルゴステリルグルコシドが液胞に蓄積し、増殖が阻害されます。EGCrP2はヒトには存在しませんがクリプトコッカス症、カンジダ症などの深在性真菌症の原因菌に普遍的に存在するため、深在性真菌症創薬の新しい標的として期待されます。

プレスリリースはこちら