岡山大学自然生命科学研究支援センターの宮地孝明准教授、大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授、資源植物科学研究所の馬建鋒教授、理化学研究所環境資源科学研究センターの黒森崇上級研究員らの共同研究グループは、アスコルビン酸(通称:ビタミンC)を葉緑体へ運ぶ輸送体(トランスポーター)を世界で初めて突き止めました。

プレスリリースはこちら