中外製薬株式会社(以下、中外製薬)は、抗悪性腫瘍剤 BRAF阻害剤ベムラフェニブ錠-販売名『ゼルボラフ®錠240mg』(以下、「ゼルボラフ」)について本日、厚生労働省より「BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫」を効能・効果として製造販売承認を取得したことをお知らせいたします。また、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社[代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信](以下、ロシュ・ダイアグノスティックス)は、ゼルボラフのコンパニオン診断薬である、BRAF遺伝子変異を検出する体外診断用医薬品「コバスBRAF V600変異検出キット」の製造販売承認を2014年12月2日に、厚生労働省より取得しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら