2014年12月16日、スイス・バーゼル発- ノバルティスは本日、米国食品医薬品局(FDA)が、手術で十分な治療効果が得られない、もしくは手術が適応とならない先端巨大症の患者さんの治療薬として、SOM230(一般名:pasireotide)の筋肉内注射用懸濁液の長時間作用型徐放性製剤(LAR)を承認したことを発表しました。

プレスリリースはこちら