アストラゼネカは、Olaparib(海外での製品名:Lynparza)(400mgを1日2回)について、3回以上の化学療法による治療歴のある病的あるいは病的であることが疑われる生殖細胞系BRCA遺伝子変異陽性(gBRCAm)進行卵巣がんの治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)から承認を得たことを、12月19日に発表しました。Olaparibは、既存の客観的奏効率と奏効期間のデータに基づき、FDAの迅速承認プログラムのもとで審査・承認されました。本適応症の承認は、現在実施中の確認を目的とする第III相試験により臨床的ベネフィットが証明されることが前提となっています。

プレスリリースはこちら