ロシュ社は本日、第III相臨床試験であるMARIANNE試験の成績の速報を発表しました。MARIANNE試験では、未治療のHER2陽性の進行乳がん患者さんに対しKadcyla(trastuzumab emtansine)とPerjeta(pertuzumab)の併用、Kadcyla単独投与、およびHerceptin(trastuzumab)とtaxane系化学療法剤の併用というHER2を標的とした三つのレジメンについて検討しました。

プレスリリースはこちら