当社は、本日付で平成26年12月期通期における業績予想の修正を発表いたしましたが、創薬支援事業において当初の予想数値を大幅に下回る見通しとなったこと、創薬事業における導出契約の締結が当期において達成することが困難となったこと、並びに特別損失の計上に至ったことを真摯に受け止め、これら経営責任を明確にするため、下記のとおり役員報酬を自主返上することといたしましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら