ファイザー社は、本日、PALOMA-1試験の結果が『ランセット・オンコロジー』誌*に掲載されたと発表しました。本試験は、Palbociclibとレトロゾールの併用をレトロゾール単剤と比較した無作為化第?相試験です。以前発表しましたように、エストロゲン受容体陽性(ER+)ヒト上皮成長因子受容体2陰性(HER2-)閉経後進行乳がんにおいて、Palbociclibとレトロゾールの併用はレトロゾール単剤と比較して有意に無増悪生存期間(PFS)を延長し、試験の主要目的が達成されました。

プレスリリースはこちら