秋山廣輔研究員,樋田京子特任准教授らのグループは,近年がん細胞のみならず,腫瘍血管内皮細胞も抗がん剤に抵抗性を持つことを報告しました。今回の研究では,抗不整脈薬ベラパミルが腫瘍血管内皮細胞のABCトランスポーターの阻害により抗がん剤パクリタキセルへの耐性を阻害し,治療効果を高めることを発見しました。マウス治療実験では,低用量の抗がん剤パクリタキセルにベラパミルを併用すると,パクリタキセル単独では得られなかった抗腫瘍効果,転移の抑制効果が得られること,そのことは血管新生阻害効果によるものであることを世界で初めて発見しました。

プレスリリースはこちら