理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター統計解析研究チームの鎌谷洋一郎副チームリーダーと、フランス国立保健医学研究所(Inserm)のステファニー・デベット研究員、フィリップ・アムイエル教授らの国際共同研究グループは、頚部動脈解離症の疾患感受性遺伝子「PHACTR1」を発見しました。

プレスリリースはこちら