理研仁科加速器研究センター(延與秀人センター長)とハサヌディン大学(Universitas Hasanuddin:Dwia Aries Tina Pulubuhu学長)との間で、重イオンビーム育種技術を用いたインドネシア在来作物の品種改良と変異特性の解明に関する研究協力覚書を締結することとなり、12月10日、理化学研究所仁科加速器研究センターにて調印式が行われました。

プレスリリースはこちら