アステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、米国メディベーション社と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体阻害剤エンザルタミド(一般名、開発コード:MDV3100)に関し、アンドロゲン受容体陽性トリプルネガティブ進行再発乳がん患者を対象とした、エンザルタミド単剤療法の有用性を検討する第II相臨床試験データ(ステージ1のデータ及びステージ2の一部データ)の、サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS:San Antonio Breast Cancer Symposium)第37回年次総会(開催時期:12月9日~13日、開催場所:テキサス州サンアントニオ)における発表内容について、お知らせします。

プレスリリースはこちら