歯学研究科の吉田靖弘教授の研究課題が、経済産業省の平成26年度「医工連携事業化推進事業」に採択されました(委託契約締結日:10月29日)。本事業は、日本が誇る「ものづくり技術」を活かした医療機器の開発・実用化を推進し、我が国の医療機器産業の活性化と医療の質の向上を実現するとともに、医工連携による医療機器開発の実証を通して、中小企業等が医療機器の開発に参入しやすい環境を整備するものです。

プレスリリースはこちら