重篤な感染症の1つであるウイルス性出血熱は、これまで免疫機能が正常なマウスでの感染発症モデルがなく、ウイルスの動物生体内での動態や発症機構の研究が困難でした。本研究は、アフリカのザンビア共和国由来野生コウモリ試料から発見、分離した新規ブニヤウイルス科ナイロウイルス属ウイルスであるLeopards Hillウイルスがマウスに対して、同属のクリミア・コンゴ・出血熱ウイルスによるヒト出血熱と同様の症状を惹起することを明らかにしました。さらに、本ウイルスをマウスに接種することにより、ナイロウイルス出血熱感染症のマウスモデルとなることを示しました。

プレスリリースはこちら