中川隆之 医学部附属病院耳鼻咽喉科講師が中心となって行った全国9施設で施行した多施設共同臨床試験により、内耳にインスリン様細胞増殖因子1を直接徐放する治療法の有効性と安全性が明らかとなりました。中川講師らは、標準的な治療法で効果がない突発性難聴症例に対してインスリン様細胞増殖因子1を内耳に直接徐放する治療を行い、3例での治癒を含め高い有効性が示され、鼓膜穿孔などの有害事象が全く認められなかったことを報告しました。

プレスリリースはこちら