当社の100%子会社である大塚製薬株式会社とH.ルンドベックA/Sが、2014年12月9日(米国時間)、抗うつ薬の治療で十分な効果が認められない大うつ病の補助療法として「ブレクスピプラゾール」のフェーズ3試験結果を、第53回米国神経精神薬理学会で発表しましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら