エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、12月5日~9日に米国・シアトルで開催されている第68回米国てんかん学会議(AES2014)において、自社創製の抗てんかん剤「Fycompa」(一般名:ペランパネル)について、てんかんの中でも重篤な発作型の一つである強直間代発作(二次性全般化発作を除く、以下PGTC発作)を有する患者様を対象とした臨床第III相試験(332試験)の結果を発表したことをお知らせします(演題番号:2389)。

プレスリリースはこちら