京都大学大学院医学研究科の 武藤 誠 名誉教授(現国際高等教育院特定教授)、園下将大 准教授らの研究グループは、Aesの消失で促進されるNotch シグナルに依存する転写によって大腸がんの浸潤・転移が促進される機構を解明することに成功しました。本研究成果は、米国癌学会「Cancer Discovery」 誌の電子版に掲載されました。

プレスリリースはこちら