第一三共株式会社とUCB Biopharma SPRL は、てんかん治療薬「ラコサミド」を日本において共同で商業化する契約を締結しましたのでお知らせします。本契約に基づき、今後、本剤の開発・製造はUCBが担い、販売・流通は第一三共が担当し、プロモーション活動は両社共同で実施します。また、第一三共は、UCBへ一時金およびマイルストーン支払いの総計として最大で約180百万ユーロを支払います。

プレスリリースはこちら