ノバルティスファーマ株式会社は本日、DPP-4阻害薬であるビルダグリプチンと、ビグアナイド薬であるメトホルミン塩酸塩(以下、メトホルミン)を配合した「LMF237(開発コード)」について、「2型糖尿病〔ただし、ビルダグリプチン及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る〕」を適応症として、製造販売承認申請を行いました。
 
プレスリリースはこちら