富士フイルム株式会社は、肌の保湿成分「ヒト型セラミド」に、肌のバリア機能を担う角層細胞の外壁(以下「CE」を形成するタンパク質の産生を促進する効果があることを発見しました。
 
プレスリリースはこちら