JST戦略的創造研究推進事業において、東京大学 大学院医学系研究科の尾藤 晴彦 教授と井上 昌俊 特任研究員らは、生きたマウスの神経活動を計測できる高感度・超高速の赤色蛍光カルシウム(Ca2+)センサーの開発に成功しました。

プレスリリースはこちら