医学部附属病院耳鼻咽喉科では声帯の再生医療に関する研究を行ってきました。このたび、神戸医療産業都市構想の中核機関である先端医療振興財団と共同で取り組んでいる声帯瘢痕患者を対象とした医師主導治験で、1例目の治験薬投与を開始しました。本治験は、ヒトのHGF(肝細胞増殖因子)を遺伝子組換え技術により製造・製剤化した治験薬(KP-100LI)を、声帯瘢痕患者の声帯内に投与して、HGFの安全性の確認と有効性指標の検討を目的とする探索的な治験です。HGFを初めてヒト声帯内に投与することになりますので安全性を確認しながら慎重に投与します。18名の患者さんに参加いただく予定です。

プレスリリースはこちら