北海道大学遺伝子病制御研究所免疫生物分野の工藤浩也特別研究学生、和田はるか講師、清野研一郎教授らの研究グループは、多能性幹細胞から作り出した細胞や組織を移植医療に用いるようなこれからの再生医療時代に必要とされる免疫制御法を提案し、検証しました。同研究グループは、マウスES細胞から再生医療に用いる細胞(移植片)とともに免疫系を抑制する細胞の両方をつくり、他者間移植における拒絶反応を抑制する方法を考案しました。他者の関係にあたるマウスへの移植片移植に先立ってその免疫抑制細胞を投与することで、移植片の生着期間(移植片が拒絶されずに体内に留まっていた期間)を延長させることに成功しました。

プレスリリースはこちら