JST戦略的創造研究推進事業において、東京大学医科学研究所の河岡 義裕教授と渡邉 登喜子特任准教授らは、インフルエンザウイルスの増殖に関わる約300個の宿主たんぱく質を同定し、それぞれのウイルス増殖サイクルにおける作用を決定することに成功しました。また、数種類の宿主たんぱく質の機能阻害剤が抗ウイルス効果を示すことを明らかにしました。

プレスリリースはこちら