石井 聡 助教(北海道大学)を中心とする北海道大学と情報・システム研究機構 新領域融合研究センター/国立極地研究所の共同研究グループは、マイクロ流体工学に基づく遺伝子定量技術を応用して、ヒトに病気を起こしうる様々な病原ウイルスを同時一斉に検出・定量する技術を開発しました。また、この技術を用いて、河川水中に含まれるノロウイルスやロタウイルスといった病原ウイルスを定量的に検出することに成功しました。複数の病原体に関して高精度かつ高感度の定量値を得ることができるため、この技術は水や食品の安全性評価や医療診断への応用が期待されます。

プレスリリースはこちら