JST 戦略的創造研究推進事業において、JSTの杉 拓磨 さきがけ研究者(兼京都大学物質-細胞統合システム拠点特任助教)らは、線虫の記憶を迅速に数値化する装置を開発し、動物が嫌いな刺激に馴れる際の仕組みの一端を解明しました。

プレスリリースはこちら