九州大学大学院理学研究院の佐藤 琢哉 准教授と東京大学生産技術研究所の志村 努 教授、飯田 隆吾 博士(研究当時大学院生)は、フリードリッヒ・アレクサンダー大学エアランゲン・ニュルンベルグ(ドイツ)の樋口 卓也 博士、チューリッヒ工科大学(スイス)のマンフレッド・フィービッヒ教授と共同で、光パルスの任意の偏光状態を磁性体の磁化振動モードとして転写し、それらを情報媒体として書き込むことに成功しました。

プレスリリースはこちら