三井化学株式会社(代表取締役社長 淡輪 敏、以下「三井化学」)とテンソル・コンサルティング株式会社(代表取締役 藤本 浩司、以下「テンソル」)は、ビッグデータの分析技術を活用し、メガソーラー発電所(大規模太陽光発電所)における太陽光パネルの劣化等による発電量低下を、従来手法より80倍以上の性能で検出する発電量データ診断技術を共同開発しました。

プレスリリースはこちら