ノバルティスは本日、FDAの抗がん剤諮問委員会が、治療歴のある多発性骨髄腫の患者さんを対象に、開発中の化合物である脱アセチル化酵素阻害剤のパノビノスタット(開発コード:LBH589)をボルテゾミブとデキサメタゾンに追加投与することを推奨しなかったと発表しました。

プレスリリースはこちら