JST戦略的創造研究推進事業において、大阪大学 大学院医学系研究科の山下 俊英教授らは、多発性硬化症で中枢神経が傷つけられるメカニズムを発見しました。

プレスリリースはこちら