加齢医学研究所附属医用細胞資源センター松居靖久教授の研究グループは、未分化な生殖細胞である始原生殖細胞の過半数が、細胞内情報伝達分子のAktの活性化により、数日ほどで多能性幹細胞へ容易に変化することを明らかにしました。

プレスリリースはこちら