イーライリリー・アンド・カンパニー(NYSE:LLY、以下「リリー」)は本日、米国食品医薬品局(U.S. Food and Drug Administration:FDA)が、フッ化ピリミジン系薬剤または白金製剤を含む化学療法施行中または施行後に増悪が認められた進行もしくは転移性胃または胃食道接合部腺がんの患者さんに対する治療として、CYRAMZA(一般名ラムシルマブ)のパクリタキセルとの併用療法を承認したことを発表しました。CYRAMZAはこの疾患の治療として、FDAから2つの承認を得たことになります。本日の発表は、4月に行われた単剤療法の承認(この対象集団に対する治療薬として米国初の承認)に続くものです。

プレスリリースはこちら