2014年9月26日、スイス・バーゼル発-このたび、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)は、手術が適応とならない、もしくは手術で根治が不能で、第一世代ソマトスタチンアナログ(SSA)による治療では適切に管理できない先端巨大症の成人患者さんの治療薬として、SOM230(一般名:pasireotide: 予定される製品名「SIGNIFOR」)LAR(long acting release:長時間作用型徐放性製剤)の承認を支持する肯定的意見を採択しました。

プレスリリースはこちら