国立大学法人広島大学大学院先端物質科学研究科の末國晃一郎 助教、高畠敏郎 教授、独立行政法人産業技術総合研究所エネルギー技術研究部門熱電変換グループの太田道広 主任研究員らの研究チームは、天然硫化銅鉱物の一種コルーサイトと同じ結晶構造の人工鉱物Cu26V2M6S32(M=Ge,Sn)を合成し、400℃付近で高い熱電変換性能を示すことを発見しました。

プレスリリースはこちら