当社および当社の100%子会社である武田ファーマシューティカルズUSA Inc.(以下「TPUSA社」)は、米国時間2014年10月3日、Frances Wisniewski氏を原告とした、2型糖尿病治療剤「アクトス」に起因する膀胱がんを主張する製造物責任訴訟において、当社らは原告に対し2.05百万米ドルの補償的損害につき責任があるとの陪審評決が下されましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら