ESMO2014で同じく発表されたIMPRESS試験の結果よりイレッサ(ゲフィチニブ)によるファーストライン治療に耐性が生じたEGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺がん患者の治療選択肢に対する理解が向上

プレスリリースはこちら