広島大学大学院生物圏科学研究科の長沼 毅 准教授、平成24年3月に同研究科博士課程後期を修了した中井 亮佑さん(現 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所、日本学術振興会特別研究員SPD)らの研究グループは、平成21年にチュニジア共和国のサハラ砂漠東縁で採取した砂れきから、系統学的に新しい細菌の分離培養に成功しました。

プレスリリースはこちら