辻大和 霊長類研究所助教は、冷温帯に生息する野生ニホンザルの種子散布特性を、果実の生産量が異なる5年間にわたって追跡調査し、ベリー類の種子の散布特性の年次変化を評価しました。その結果、評価した四つの特性のうち、種子の出現率、種子の健全率という二つの特性に年次変化を見出しました。

プレスリリースはこちら