広島大学大学院生物圏科学研究科冨永 るみ講師らの研究グループは、シロイヌナズナ(アブラナ科のモデル植物)の表皮細胞(植物の一番外側の細胞層)形成に関わる2種類の転写因子(特定の遺伝子群の発現開始を制御する重要な制御タンパク質)をトマトに遺伝子導入し、2つの転写因子がトマト内でも同様の機能を発揮し、アントシアニンの蓄積に影響を及ぼすことを明らかにしました。

プレスリリースはこちら