(ニュージャージー州プリンストン、2014年9月29日)-ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は本日、Yervoy(一般名:イピリムマブ)の治療歴を有する進行期悪性黒色腫患者を対象とした、PD-1免疫チェックポイント阻害薬であるオプジーボ(一般名:ニボルマブ)と治験担当医師が選択した化学療法(ICC)を比較する第3相無作為化非盲検試験であるCheckMate-037試験の肯定的な結果を発表しました。

プレスリリースはこちら