理化学研究所は、マウスの脳の発生過程において扁桃体の神経細胞の軸索が伸長する仕組みを調べ、軸索同士がお互いの接触を介して伸長運動を支えていることを発見し、さらに、その分子メカニズムを解明しました。

プレスリリースはこちら