グラクソ・スミスクライン(以下、GSK)は、2014年9月8日付にて、Gilead Sciences, Inc.(ギリアド社)と共同で行った「未治療の肺動脈性肺高血圧症(以下、PAH)患者を対象に実施したアンブリセンタンとタダラフィルの併用療法を評価した第IIIb/IV相臨床試験」において、単剤療法(アンブリセンタンまたはタダラフィルの単剤)に対する併用療法の優越性を検討した結果、主要評価項目(初めて治療失敗がみられるまでの期間)を達成したと発表しました。

プレスリリースはこちら